給料が少なくても借りられるか

給料が少なくても借りられますか?

現金が必要になってキャッシングをしたいと思っても、今勤めている形態は派遣でお給料も少ないから、きっと審査も通らないと諦めている人がいるのならば、諦める必要はないことをお伝えします。
確かに総量規制などの問題もありますので、給料が少ないから融資はしてもらえないんだという考えになってしまうのはある意味しょうがないのですが、給料が少なくても借り入れはできます。
派遣やパート、アルバイトでも毎月安定した収入があると証明できれば、正社員ではなくてもキャッシングができるというカード会社は多いです。
収入は限度額設定の目安になるので、収入はいくらあるかということはカード会社に知らせる義務はありますが、少ないから融資は無理というわけではないのです。
ただ希望金額が高額の場合は、希望に添える限度額に設定してもらえるかは正直難しいところです。
そこは確かに難点ですが、あまり大きくない金額を希望する場合には全く問題はないとしているところが多いので、ご安心ください。
お金を融資するカード会社は、貸したお金を毎月安定して支払いをしてくれる人にキャッシングをして欲しいと思っています。
ですから毎月少なくても安定して収入があるのであれば、返済もちゃんとしてくれると見なされるので融資が可能なのです。
ただ派遣やパート、アルバイトは、会社の業績が悪くなったときなどに正社員よりも先に職を失う可能性が大きいので、正社員よりも信用度が落ちてしまうというのは事実です。
ですから高額の融資はなかなか難しいのですが、派遣やパート、アルバイトでも長年同じ場所で勤めているのであれば、極端な話勤続年数の浅い正社員よりも信用度は上がるのです。
そういった観点から、毎月安定して収入があるのであれば派遣やパート、アルバイトでもキャッシングができるとカード会社は謳っているのです。
しかし先ほども述べたように、正社員よりも職を失う可能性は大きいですから、キャッシングの利用は計画的に行いましょう。