審査に収入証明書は必要か

審査に収入証明書は必ず必要ですか?

カード会社のホームページには、カードローンの申し込み時には何が必要なのかと、必要書類をきちんと記載してくれているところがほとんどです。
自分が希望するカード会社のホームページを見て、何を持っていったらいいのか確認をすれば当日焦ることもありません。
ほとんどの会社は身分証明書のみで申し込むことができると記載してあります。
ただ高額の融資の場合は収入証明書を持参してくださいとの明記があるところもあります。
高額の融資の枠組みは、カード会社によってそれぞれ違いますが大抵は50万円以上の融資の場合収入証明書を持参する必要があるようです。
収入証明書とは、年収を確認できる公的機関が発行したもののことをいいます。
源泉徴収書や住民税課税決定通知書などがそれに当たります。
それらの提出が困難な場合は、直近何ヶ月分かの給料明細が代わりになるケースもあります。
その際、給料明細に会社の社判や印鑑などが記載されているかを注意して見てください。
公的機関が発行しているものは偽造されにくいですし、偽造されたとしても判別がつきやすいのですが、給料明細は簡単に偽造もできますし、偽造していたとしても見分け難いです。
本物か偽物か見分ける判断として、社判や印鑑などが記載してあるかどうかを基準にして見る場合もあるので、ここは少し注意が必要です。
このように50万円以上の融資を希望の場合収入証明書は必要になりますが、50万円以下の利用だったら収入証明書は必要ないというところがほとんどです。
ですから予め50万円以下の希望の場合は持参しなくても良いというわけです。
もちろん融資金額に問わず持参しなければならないという会社もあるので、きちんと確認してください。
派遣社員やパートやアルバイトの場合、収入証明書を必要とする50万円以上のキャッシングは出来ないというところが多いです。
ですから派遣社員やパート、アルバイトでお勤めされている方も、収入証明書の持参は省いて考えてよいでしょう。